<美瑛>大人気写真スポット「青い池」と、知る人ぞ知る「白ひげの滝」

こんにちは!
まめこです(。・ω・)ノ゙

青い池

青い池

2015年8月8日。

美瑛で人気の観光スポット、青い池を訪問しました☆

青い池

青い池 美瑛

青い池へのアクセスと見どころ

青い池は、美瑛の白金温泉の近くにあり、車の他、道北バス(白金温泉行き)でも行くことができます。
トイレや自動販売機などはありませんのでご注意を。

冬は見学できなかったのですが、2014年から冬季夜間ライトアップされるようになったそうです!

まめこが初めて青い池を訪れたのは、2011年のことでした('v')

その時はまだ、存在をあまり知られていなくて、看板も何もありませんでした。
「えっ、こんなところに何かあるの??」という雰囲気のところに入っていくと、砂利敷きの駐車場が。
でも、停まっているのは自家用車数台。
見学をしているのも数人。

秘境感満載でした(・´ω`・)

しかしそれから4年…

MacBook Proの壁紙に採用されたためもあってか(?)、どんどん有名な観光地になってゆきました。

4年ぶりに訪れた青い池は…

駐車場大渋滞(o゚Д゚ノ)ノ

手前の駐車場は、団体の観光バス専用で、警備員さんまでいました。

奥に普通車の駐車場があり、100台停まれるそうです。
無料です。逆走注意。

駐車場の奥に遊歩道があり、そこを進んでいくと…

青い池があります!!青いです!
青い池

遊歩道はこんな感じです。
遊歩道

木がたくさん生えていて、その隙間から皆写真を撮っています。
奥の方まで行くと、ちょっと開けたところに出ます(^o^)
青い池

さらに奥へと進んでいくと、川があります。
美瑛川
この川の水も青いのです('v')

青い池は、なぜ青いのか

案内板がありました。
青い池案内

上流の白金温泉地区で湧出している「白ひげの滝」などからアルミニウムを含んだ水が、美瑛川の河川水と混じることにより、コロイドが生成されます。
太陽光が水中のコロイド粒子と衝突し、波長の短い青い光が散乱されるため、青く見えると言われています。

と書かれています〆(・ω・o)

そして、この青い池自体も自然にできた池ではなく、十勝岳が噴火した際に泥流対策のためにブロック堰堤を設置したためにできたものです。

立ち枯れた木(カラマツ)が池の中に生えていますが、これも良く見ると、きれいに並んでいます。

青い池の歴史

ブロック堰堤ができたのは1989年。
その後青い池ができました。

以前は立入禁止区域だったのですが、2010年から自由に見学ができるようになり、瞬く間に口コミで有名になっていったようです('v')

青い池を見るなら…

まめこが訪れたのは、日曜日の15~16時でした。
夏休みということもあり、その時間はたくさんの観光客がいますし、青い池がきれいに見えるかどうかは天気と太陽の角度次第です。

前日は周辺に宿泊し、朝早めに訪れると良いかもしれません♪

白ひげの滝

43°28’29.1″N 142°38’21.1″E

こちらはあまり知られていませんが、青い池の上流には、白ひげの滝という、青い滝があります!
青い池から車ですぐ。
少し上流の方へ進んだところにあります☆

ブルーリバー橋
この橋の上から下を覗くと…

きれいな滝が!
白ひげの滝

青い池を見に行ったら、こちらにもお立ち寄りくださいませ~(。・ω・)ノ゙

にほんブログ村 旅行ブログ 北海道お出かけスポットへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です